住まい好物大学生の住まいのススメ

学徒の私の日課は、住まいを見て訪ねることです。
いとも変わっている日課ですが、これが全然明るいのですよ。
たとえば、表札ひとつを取っても、漢字で美しく書いてあるうち、ローマ字でくずして書いてあるうち、文が飛び出して要るうち…様々な表札があります。
建っていらっしゃるうちの体制も見てみると、個々変わっていて、ほんとに嬉しいですし、勉強になります。
といっても、ボクは建築学を専攻やるわけではありません。
年数学科ですし、やる事は国外の事です。
ですが、趣味としては自分のいる地域の住まいを見て訪ねるのが楽しいのです。やはり、自分の専攻です国外の住まいも好きなのですが、他国は簡単に行けませんし、今は、周辺で我慢していらっしゃる。
日本の古めかしいうちは、素晴らしいです。
私の故郷は、きちんと地元の者は指しませんが、徳川ご時世前には城下町としていとも栄えた通りでした。最も一国一城令により、城は壊されてしまったのですが。
ただし、今でも城跡はありまして、私の週末のウォーキング向きは、その周辺を散策する状況としていらっしゃる。
古いうちが多いのですよね。駅前で栄えているままが近くにありますが、それを少し辞すると、何ら別の時代に来たような気分になります。
想像してください。木造ではない新築のうちが建ち並ぶ、ビル表通り。そこをいくぶん辞するといった、タイムスリップをしたように、人通りが少なくなるのです。
皆さんも、ひと度、いる場所の周囲を、急がずに歩いて巡るという、嬉しいことがあるかも知れませんよ。アクシオンズはこちらから