権利検証の日記 ロマン染み渡る冒険をこの夏共々に!

過日、テレビのテレビの特集で親も一緒になって夏休みの宿題ですリバティー作りに熱が入る見てくれが紹介されていた。
夏休み真っ結局中間!子供たちは山々や海に行き思う存分遊んでおみやげを刻んで要るに違いない。
その中で、夏休みの宿題というのが頭を悩ませるのはいつのご時世も同じようです。
私の場合は次女と7ひと月までに親に終わらさせられていた。
8月には二人で祖父母のいる宮崎にレクレーションをめぐっていたからです。
但し、リバティー作りはかなりチャンスをかけ取り組んだことが思い出深い。
小3の時はアリの巣の作りをした。
当時住んでいた住まいの屋上は解放されていて、遊べる座敷があった。
そこに、通信教育で手に入れたアリの巣を作れるカゴに壌土を入れ、飴を置き放置した。
夕刻くらいに見に行くと、アリの群生が群がっていた。
あの光景は今回思うとまったくグロテスクだとおもう(笑)
そうして、ゼロか月、女子の補助も借りながら見張りをし続けた。
アリたちが自らの実情を築きゆく足跡を記録して言う。
また、小4の時はカブトムシにはまっていた。
当時住んでいた広島県内呉市の山々に朝女子も一緒になって捕まえに行ったが見つけることすらできなかった。
その事を宮崎に住んでいる先祖に伝えたらカブト、クワガタを含め42匹捕まえてきた。
そうして8月に宮崎に行き、毎晩、カブトたちを眺めていた。
奴らは夜行性なので夜に前向き系統に実行をする。
ゼリーを勧め、揉め事したり、飛び回ったり・・・。
また、何匹かを広島にとって帰ったとき、衝撃的な光景が繰り広げられてしまった。
宮崎から親のマイカーで広島に帰る途中、遊園企業に寄った。
何かあってはって虫かごを持ち歩いていた。
すると、奴ら彼女らは交尾を開始した。
女子といった何人か知り合いから集まってきて(笑)
みんなで興味津々に奴ら彼女らの務めを見守っていた(笑)
結果、カブトムシは寿命が速く間もなく死んだのだが、その前に住まいの屋上で見つけたコクワガタは誠に冬眠までした。
再び、こういうカブトたちは3カテゴリーにかけて宮崎で増殖を続けた。
先祖はそれを作りし、幼虫への小道具を工夫した。
その結果、誠に7.5cmという大きなカブトムシがたくさん誕生した。
今回思えば売ればよかったとして仕舞うのだが(笑)
但し、そんな少年時代に反して今の自分は大の虫嫌いとなってしまった(笑)
中学校になると人前科のリバティー作りでは、2001ご時世に放送した「ウルトラマンコスモス」の主役を演じた杉浦日光が当時濡れ衣で捕まり、テレビ局がプログラムを中断したことを論じた。
中3には家族科で「自分の生まれたタイミング」という課題で直撃を提出する宿題の際は、親、両家の祖父母や親族にインタビュー紙を作成しFAXで送り、ひいては母子メモリーや女子の当時の覚え書きなど自分が生まれるといったわかったときのことから1年か2年範囲までの一報をかき集め、ゼロ冊の直撃にまとめインストラクターに褒賞された。
このようにリバティー作りは豊富おみやげが持ちきりのだが、昨日のテレビ局も言っていたようにゼミナールのガイドやワークショップでは探究出来ない事がリバティー作りには込められておる。
ヒューマン習得の大哲人は「成果は中くらいも効く、ヒューマンが大であれば好ましい。念頭が好ましいとか乏しいとか、成果だけで伝わるものじゃないし、通じる上で大したことではない。
ただ、自分が「怪奇です」というお尋ねを大事に追求することだ。そのことを考えて、考えて、考え抜くことだ」と語られている。
よっしゃ!この夏!なかなか自由自在に自分が“怪奇です”というお尋ねにかけてロマン起こる冒険を繰り広げよう!!公式サイトはこちら